ゲロ布団の処理・クリーニングに出す前の最低限のマナー

2年前の冬。
夜中にいきなり当時9歳の息子が嘔吐しました。
布団を並べて敷いてある、そのちょうど2枚の間に・・。

大人は「なんか気持ち悪いかも」となると洗面器を用意したりしますが、
子どもはいつも突然なのです。

2枚まとめて汚れてしまいました。

シーツだけしか敷いてないので布団は悲惨な状態です。
息子を着替えさせ寝かせてから考えました。

「どうしよう、この布団…」

捨てるということも考えましたが、
買ってまだそんなに経っていないしもったいない。

洗うといっても、家の洗濯機では洗えません。

「布団のクリーニングに出すしかないか。」

そう思いました。
だけど、このままじゃとても出せない。
マナー違反です。

そこで自分なりに色々考え、
まずお風呂場でぬるま湯で洗いました。

全部濡らしたら重くなって持ち上がらないし、
びちょびちょになってしまいどうにもなりません。

汚れた部分だけを濡らし、石鹸を付けて
手でもんだり、踏んだりして洗います。

何度か繰り返すうちに汚れもとれてきましたが、
中はきっと汚れています。

それを、捨てようと思っていた
バスタオルで丁寧にふき取ります。

2枚とも、同じようにしました。

翌日、大きいごみ袋の中に1枚ずつ布団を入れて
しっかりと縛り、クリーニング屋さんへ。

布団のクリーニングは前にもお願いしたので、
同じようにお願いしました。

 
洗ったことでパッと見は目立つ汚れもなくなっていましたので、
普通に受け付けてもらえました。

それ以降、冬は警戒してシーツを2枚かぶせるようにしています。

 

 

 

Comments are closed